Fujifilm XP90 FinePix Camera Firmware Latest Driverをダウンロード

Fujifilm XP90 FinePix Camera Firmware Download。 一部の防水カメラは、代わりに2つの

独立したFujifilm XP90 FinePixカメラキャッチを使用しますが、Fujifilmのロックシステムは、フラップが誤って開かれないように保護しながら、多少便利です。

Fujifilm XP90 FinePix Camera Firmware Latest Driverをダウンロード
Fujifilm FinePix XP90のコントロールレイアウトはXP80とほとんど同じですが、背面パネルは特に似ていますが、カメラの電源を入れると、より顕著な違いがあります。 XP80の2.7インチ、460kドットLCDスクリーンは、より鮮明な表示体験を実現するために、3インチ、920kドットデバイスに置き換えられました。
富士フイルムXP90 FinePixカメラの新しいディスプレイは、優れた視野角を誇り、直射日光の下での視認性を維持するのに十分な明るさ​​を備えています。不足しているのはタッチ感度だけですが、静電容量式タッチスクリーンは濡れると正しく動作しないため、それほど驚くことではありません。
画面解像度の向上により、富士フイルムの明確なメニューインターフェイスを最高の状態で表示できます。これは3つのページにまたがる撮影メニューと5つのページをカバーするセットアップメニューの2つのタブに分かれています。カメラオプションのページが多すぎるため、1つの設定がどこにあるのかを覚えるのは簡単ではありません。
カメラの設定を追加のカテゴリに分割すると、より速く、より論理的なカメラ制御が可能になります。また、ほとんどすべての機能変更でメインメニューに入るのを避けるために、頻繁に使用されるカメラ設定を含む個別のメニューがないのも残念です。
新しい画面に加えて、XP90の5倍光学ズームを制御するための2つのボタンがあり、これはXP80から変更されておらず、28mm相当の最大広角焦点距離を許容できます。多くの防水カメラと同様に、ズームボタンは非常にぼんやりとスポンジ状に見えますが、正常に機能します。
背面パネルのFujifilm XP90 FinePixカメラの方向パッドは、フラッシュ、マクロフォーカス、セルフタイマー、露出補正のコントロールとしても機能します。後者は+/- 2EVの露出制御を可能にし、セルフタイマーは10秒または2秒の遅延に加えてグループタイマーオプションを備えており、そのインターバルタイマーがあります。
インターバルタイマーを使用すると、Fujifilm FinePix XP90を最大6時間にわたって画像を記録するように設定できます。ショットは、3、5、または10秒ごとに発射され、最小頻度は10分間隔です。タイムラプスシーケンスの撮影に便利な機能です。メインメニューから[タイムラプスムービー]オプションを選択すると、XP90は、記録された画像を最大1920×1080の解像度と60のフレームレートのビデオに変換します。 30、または10fps。
富士フイルムXP90 FinePixカメラのみの欠点は、XP80から持ち越されたXP90のNP-45S充電式リチウムイオンバッテリーであり、1回の充電で同じ210ショットの定格があります。これは、より長いタイムラプスシーケンスに電力を供給するには十分ではなく、特に1回の充電で370ショットを管理するNikon Coolpix AW130と比較すると、通常の撮影には十分ではありません。
XP90のコントロールに戻ると、モードボタンがないことがわかります。実際には22種類の撮影モードがありますが、背面パネルのメニューボタンからアクセスする必要があります。これにより、最初のメニューオプションとして撮影モードが表示されます。デフォルトのシーン認識自動モードには、ほぼ同じように機能するプレーンな自動モードと、ISO感度、ホワイトバランス、オートフォーカスモード(中心、マルチポイント、トラッキングモードなど)のようなオプションを設定できるプログラム可能な自動モードが付属しています。提供中)。
モードメニューには、通常のシーンモードの選択も含まれていますが、さらに興味深いことに、マルチショットHDR設定、スイープパノラマモード、3つの異なる夜景オプションがあります(例については、「画質」セクションを参照してください)。水中モードと水中マクロモードも用意されており、カメラの15メートルの深度定格のより奥で撮影するときに色かぶりを取り除くのに役立ちます。
富士フイルムFinePix XP90の注目すべきFujifilm XP90 FinePix Cameraの最後のボタンは、背面パネルの下部にあるWi-Fiボタンです。 iOSおよびAndroidで利用可能なFuji Camera Remoteアプリをダウンロードすることで、XP90をリモートで制御し、写真をスマートデバイスに転送できます。
このシステムでは、フル解像度の写真を約5秒でダウンロードでき、適度な量のFujifilm XP90 FinePix Cameraリモコンオプションを誇ります。信号の遅れがほとんどない2つの速度でズームしたり、セルフタイマーやフラッシュオプションをリモートで制御したりできます。
このアプリでは、静止画とビデオ撮影を切り替えることもできます。唯一の注意点は、NFCペアリングの欠如と、リモートシャッターリリースを押してからXP90が実際にショットをキャプチャするまでに若干の遅れがあることです。
従来の撮影では、代わりにWi-FiボタンがXP90のバーストキャプチャモードをアクティブにします。フル解像度では、XP90は10フレームバーストで最大10 fpsで撮影できます。または、画像サイズをスモールワイドスクリーン(1920×1080)にドロップすると、最大60 fpsで70フレームをキャプチャします。ただし、どちらの場合も、キャプチャ時間は約1秒しかありません。
私たちは皆、驚くほどの高精細度がどのように見えるかを知っています。今ではほとんどのカメラの標準になっていますが、忘れてはなりません。内蔵CMOSセンサーを備えたFujifilm FinePix XP90デジタルカメラは、1920 x 1080pのフル解像度で美しい高解像度で記録する機能を備えています。
カメラの上部には、Fujifilm XP90 FinePix Cameraの小さな動画録画ボタンがあり、このモードをアクティブにしてすばやく録画できます。さらに、さまざまな異なるフィルターを使用して記録し、特定の効果をビデオに追加することができます。これらのフィルターには、フィッシュアイ、ローキー、ハイキー、ポップカラー、おもちゃのカメラ、およびパーシャルカラーが含まれます。
Fujifilm XP90 FinePix Cameraの甘い写真を撮るのも1つのことですが、それにアクセスするのもまた別のことです。 FujiFilmを使用すると、簡単なプロセスで、簡単にカメラから簡単に転送できて、手間がかかりません。スマートフォンデバイスの無料のFujiFilm Camera Remoteアプリを使用すると、ボタンを1回押すだけで写真を転送できます。パスワードやIDを入力したり、複雑な手順を実行したりする必要もありません。
Fujifilm XP90 FinePix Camera Camera Remoteアプリを使用すると、スマートフォンまたはタブレットをXP90のコントローラーとして使用できます。これにより、写真をリモートで簡単に撮影しながら、静止画の代わりにズームしたり、映画の録画に切り替えたりすることができます。野生生物を楽しむ人にとって、これはあなたが本当に完璧な写真の機会に忍び込むことを可能にする優れた機能です。
XP90を手に持っているときは、耐久性を考慮して作成されたことがわかります。防水性、防塵性、耐衝撃性、耐凍結性についてはすでに説明しましたが、耐久性を維持するための機能がいくつかあります。よく見ると、不要な要素を排除するために、すべてのボタンの間にしっかりとシールされた頑丈でコンパクトなビルドが表示されます。
荒れた地形でも、バッグやポケットに入れて運ぶのは簡単です。さらに、小さな富士フイルムXP90 FinePixカメラの安全なダブルロックメカニズムがあり、バッテリーコンパートメントを常に密閉してロックします。
素晴らしい色再現を備えたFujifilm FinePix XP90デジタルカメラが生み出す写真とビデオは実に素晴らしいです。驚くべき1600万ピクセルのBSI-CMOSセンサーは、鮮明で鮮明な結果を生み出し、驚くべき品質で詳細を捉えます。さらに、バーストモードボタンや時間短縮機能など、簡単にアクセスできる多くの便利な機能が組み込まれていることをうれしく思います。
概して、XP90は、簡単に要素に耐えるように構築された、手頃な価格の耐久性のある頑丈なデジタルカメラを探しているすべての人にとって、大きな買い物になると思います。これは、多くのアウトドア愛好家や、壊れやすいカメラやあまりよく作られていないカメラに飽き飽きしている多くのアウトドア愛好家に最適なカメラになると確信しています。
彼らが防水XP80を更新したとき、富士フイルムはそれほど変わっていません。 Fujifilm FinePix XP90は、より高い解像度のLCD画面と新しいタイムラプスキャプチャモードを提供します。
このカメラのヘッドライニング機能は、50フィートの防水性であり、Fujifilm XP90 FinePixカメラです。それはまた衝撃、凍結および防塵です。その耐久性は、4つの異なる色のオプションが用意されているかなりコンパクトなカメラにまとめられています。
16メガピクセルの1 / 2.3インチセンサーがXP90からの画像をキャプチャします。このカメラは、f / 3.9-4.9レンズを備えた5倍の光学ズームを備えています。XP90は、キャプチャアクションに10 fpsのバースト速度も提供します。
価格に対してFujifilm XP90は良いオプションですが、いくつかのより良い(より高価ですが)オプションがあります。 XP90のレンズは、オリンパスTG-4や富士フイルムXP90 FinePixカメラほど明るくなく、明るいレンズは水中での撮影に非常に有利です。しかし、ウォレットにスペースがなくなったら、XP90は耐久性のある小さなシューティングゲームで、仕事をこなすことができます。
それらはGoProのようなアクションカメラではなく、昔ながらのコンパクトカメラでもありません。一部のメーカーは、それらを「ライフスタイルカメラ」と呼んでいます。しかし、私には、それはスマートフォンの仕事のように聞こえます。だから、私はこれらのアドベンチャーカメラをあなたが旅行のほとんどどこにでも持って行くことができるという理由から、これらをアドベンチャーカメラと呼びます。
防水カメラはここ数年で大きな進歩を遂げました。彼らは以前はかなり特殊な装備品でしたが、水中ではそのようにうまく機能しないことがよくありました。しかし最近では、他の方法では機能が充実したコンパクトなカメラに、適切な画質の防水機能と防塵機能を備えたカメラがもっとたくさんあります。
これらは、古い妥協のない、Fujifilm XP90 FinePixカメラとして設計されています。パリの街を散策したり、家族でスキー休暇をとったり、南極の氷山や野生動物とカヤックしたり、ハワイの波でサーフィンをしたり、グレートバリアリーフでシュノーケリングをしたりしているときでも、これらのカメラは一種のカメラとして設計されています-stopソリューション。
Fujifilm XP90 FinePixカメラファームウェアをダウンロードするには、以下のリンクを入手してください

コメントを残す