2020年8月12日水曜日

Fujifilm XP80 FinePix Camera Firmware Latest Driverをダウンロード

...

Fujifilm XP80 FinePix Camera Firmware Download。 これらは、Fujifilm XP80 FinePix
Cameraであるドアによって保護されています。これは、回転させるために回転させる必要があるねじり機構によって密閉されています。ロックの真ん中にあるボタンを押し下げてねじる必要があるため、これを偶然に実行できる可能性はまずありません。

Fujifilm XP80 FinePix Camera Firmware Latest Driverをダウンロード

バッテリーの充電は、Fujifilm XP80 FinePix Camera本体を介して行われ、別の充電器は提供されていません。ただし、バッテリーが充電されるまでにそれほど長くはかかりません。つまり、再度充電する前にたくさんのショットを撮るつもりなら、2番目のバッテリーに投資する価値があります。 。

Fujifilm XP80 FinePixカメラにはかなりの数のボタンがあります。FujifilmFinePix XP80は、カメラを右手で持っているときに親指で簡単にアクセスできます。これにより、片手での使用が非常に簡単になります。カメラの上部には、オン/オフボタン、ビデオ録画ボタン、シャッターボタンがあります。シャッターリリースボタンにはテクスチャがあり、かなり大きいので、カメラを手袋や水中で使用するときに便利です。

残りのFujifilm XP80 FinePix Cameraカメラのボタンは、カメラの右後ろにあります。カメラの上部近くにズームボタンがあり、W(ワイド)およびT(望遠)とマークされています。これらはカメラの本体から持ち上がっており、水中や手袋で作業するときにも簡単に使用できます。通常の状態では、ボタンを使用するのに少し硬い場合がありますが、ボタンを押し続けると、ズームがかなりスムーズかつ迅速に進みます。

小さな再生ボタンは、望遠ボタンの下にあるFujifilm XP80 FinePixカメラだけにあります。通常の状況ではこれで十分ですが、手袋をした状態で少し手間がかかります。このボタンのすぐ下に、標準の4方向ナビゲーションパッドがあります。このパッドも、少し小さく、手袋をはめた状態で使用するのは面倒です。水中で使用するだけなら、それほど悪くはありません。

Fujifilm XP80 FinePixカメラパッドは、パッドの中央にあるメニュー/ OKボタンで構成され、4つの方向キーで囲まれています。これらのキーは、他の特定の機能を2倍にします。左はマクロ/標準フォーカス、下はタイマーオプション、上は露出補正(再生時に削除します)、フラッシュオプションの場合は右。

最後の2つのボタンは、Wi-Fi機能または連続撮影用の直接アクセスボタンと、再生中にさまざまなタイプのディスプレイを切り替えたり、メニューをスクロールするときに戻るボタンとして機能するディスプレイボタンです。

メニューといえば、ここでは、方向パッドでまだカバーされていないキー設定の変更を行う必要があります。このメニューには、使用可能なさまざまな露出モードも表示されます。カメラがシーンモードを自動的に選択して最適な設定を適用することを意味するため、ほとんどの場合、シーン認識自動での撮影が必要になる可能性があります。

ただし、もう少し制御したい場合は、プログラムモードに切り替えることができます。これでは、Fujifilm XP80 FinePix Cameraに手動制御と同じ柔軟性はありませんが、ISO感度などの一部の設定を変更できることを意味します。

その他の露出モードには、画像の外観を実験したい場合の高度なデジタルフィルターや、水中、風景、パノラマなどの特定のシーンモードがあります。

これらの変更の一部を行うためにFujifilm XP80 FinePix Cameraメニューシステムを実行するのは少し面倒なので、Fujifilm FinePix XP80にクイックアクセスボタンを含めることができれば良かったでしょう。とはいえ、このカメラは、頻繁に設定を変更することを心配するのではなく、写真を撮ったり、構図などに集中したりするためのものです。

一方、メニューシステム自体はかなり単純で、提供されるオプションが比較的少ないため、メニューの使い方に慣れるのにそれほど時間がかかりません。撮影メニューと設定メニューがあり、日付/時刻の設定、マナーモード、メモリカードのフォーマットなどのオプションがあります。

Fujifilm FinePix XP80のWi-Fi機能の使用は非常に簡単です。いくつかのオプションがあります-携帯電話/タブレットをカメラのリモコンとして使用することができます-これは、自撮り、グループのポートレート、そして不自然な角度に最適です。または、すでに撮った画像を送信できます。ソーシャルネットワークなどで共有するためにあなたの電話に。

リモートコントロールアプリを使用している場合、フラッシュのオン、セルフタイマーのオン、ズームの拡大または縮小を除いて、Fujifilm XP80 FinePix Cameraは多くの設定を変更できません。アプリ内から静止画と動画の両方を撮影できます。

Fujifilm FinePix XP80の背面にあるLCDスクリーンは、ほとんどの標準的なコンパクトカメラと比較して比較的小さいですが、それでもスクリーンの明るくクリアなビューを提供します。水中で撮影する場合。

カメラに内蔵されたWi-Fiのおかげで、Fujifilm XP80 FinePix Cameraは、IDやパスワードを入力しなくても、スマートフォンやタブレットに写真を転送できます。また、リモートシューティングを使用すると、スマートフォンやタブレットから写真を撮影することもでき、ズーム設定を調整したり、録画を移動したりできます。

FinePix XP80は、そのCMOSセンサーを使用して、フルHDビデオを撮影できます。驚くべき240 fpsでアクションをフリーズできるので、細部まで捉えることができます。ウィンドフィルターとFujifilm XP80 FinePixカメラのノイズキャンセレーションにより、録音中にズームレンズが発する音が除去されます。

映画から不要なFujifilm XP80 FinePixカメラの映像をカットする「映画のトリミング」や、複数の別々のクリップを1つの映画に結合する「映画の結合」など、多くの高度な映画編集機能もあります。専用の動画記録ボタンにより、ワンタッチでスチールとフレームの撮影を簡単に切り替えることができます。

さらに良いことに、「アクションカメラ」モードは、アウトドアスポーツを楽しみながら映像を記録するのに最適です。カメラは、手を離したまま、体やスポーツ用品に固定できます。液晶モニターも自動で消灯し、省エネ撮影に対応。

スケッチ、ポップカラー、フィッシュアイ、ソフトフォーカスなど、11種類の特別なフィルターを使用して、独特の写真効果を作成できます。フィルター効果をLCDモニターで確認して、撮影した結果を正確に得ることができます。

FinePix XP80は、シーンに関係なく最適な結果を保証する多様なシーン位置の選択を提供します。その中には、全体的な自然な見た目を向上させると同時に肌のトーンを柔らかくする専用のポートレートシーンの位置があります。オーシャンブルーを鮮明に捉えた水中撮影シーンもあります。

富士フイルムXP80は、厳しい環境向けに設計されています。水深15m、耐寒性-10度のFujifilm XP80 FinePix Cameraに耐え、1.75mから落下します。防水性とは、防塵性、防泥性、粘着性のある防指紋性を意味し、アウトドアアドベンチャーから小さな子供、そして不器用な人まで、あらゆる人にとって最適な候補です。

それは、その広範な曲線と緑の水しぶきで部品を探します。ブルー、イエロー、パープルのカラーもあり、この夏のビーチウェアとコーディネートするのに十分な余地があります。

Fujifilm XP80 FinePixカメラの曲線的なデザインは、損傷を回避するのにも役立ち、プラスチックのシェルに曲がるヒントはありません。カードスロットとUSBおよびHDMIポートはカメラの端にあるドアの後ろにあり、それを解放するにはダイヤルを押してひねる必要があります。それは他のほとんどの防水カメラの小さな埋め込み式のラッチよりも手ごわいものではなく、それでも誤って開かれる可能性は低いようです。

メモリカードの取り外しまたは挿入後に電源を入れると、カメラが警告を点滅させて、ドアが適切に閉じられていることを確認します。ただし、コンパートメントのドアが開いた後にこの警告を表示する方が理にかなっています。 HDMIまたはUSB /充電ソケットを使用するために開いた後、警告は表示されません。ただし、メモリカードの交換は他の方法よりも海岸で行われる可能性が高いと考えられます。

Wi-Fiは組み込まれていますが、富士フイルムのiOSおよびAndroidデバイス用のコンパニオンアプリは、設定が少し面倒であることがわかりました。最終的にはNexus 4スマートフォンと通信しましたが、Fujifilm XP80 FinePix Cameraは、他のカメラブランドのWi-Fiモードがバグが解消される前の2年前の動作を思い出させてくれました。

接続すると、アプリをリモコンとして使用して写真を転送し、写真とビデオの両方をキャプチャすることができました。セルフタイマーとフラッシュ設定へのアクセスがあり、グループのセルフポートレートには十分です。

他のほとんどの点で、XP80は基本的なデジタルカメラです。 2.7インチは今日の標準では小さく、物理的なボタンと使用可能な写真コントロールの両方が最小限に抑えられています。ホワイトバランスのプリセットはありますが、手動のホワイトバランス、手動の露出、または測光のオプションはありません。

しかし、これがFujifilm XP80 FinePix Cameraの多くの見込みバイヤーの期待を裏切るとは思えません。露出補正とISOスピードを調整できるため、トリッキーな照明条件に対処するのに十分な制御が可能です。私たちのテストでは1.3秒ごとにショットをキャプチャし、それはかなりニッピーなパフォーマーです。

Fujifilm XP80 FinePix Camera連続モードは優れています。9fpsで10フレームをキャプチャし、数秒後に別のバーストに備えます。バッテリーの寿命は、1回の充電あたりわずか210ショットでそれほど印象的ではありません。

ビデオモードは十分に規定されており、最大60 fpsでの1080p Fujifilm XP80 FinePix Camera記録と、VGA以下の解像度でスローモーションクリップを記録する機能を備えています。ただし、13Mbit / sのビットレートは1080p AVCの低い側にあり、クリップは目に見える圧縮アーティファクトの影響を受けていました。ビデオのオートフォーカスは適切に動作しましたが、ズームモーターはマイクによってピックアップされました。


Fujifilm XP80 FinePixカメラファームウェアをダウンロードするには、以下のリンクを入手してください

関連記事

エプソンドライバ、キャノンドライバ、HPドライバ、 Brother ドライバ、リコードライバー、富士通ドライバー、dellドライバー、samsungドライバー、プリンタドライバ、スキャナドライバ、ドライバダウンロード