Fujifilm F80EXR FinePix Camera Firmware Latest Driverをダウンロード

Fujifilm F80EXR FinePix Camera Firmware Download。 Fujifilm F80EXR FinePix顔検出機能

は、ナビゲーションパッドの下の専用ボタンを介してアクセスできます。この機能は、適切な状況でうまく機能する歓迎すべき機能です。被写体が適度な距離で静止しているポーズのグループショットに最適ですが、被写体の動きが速い場合や、頭が横を向いたり逆さまになっていたりする場合にも有効です。

Fujifilm F80EXR FinePix Camera Firmware Latest Driverをダウンロード
動きの追跡により、Fujifilm F80EXR FinePixカメラは、被写体から離れるまで被写体に「ロック」されたままになります。顔検出3は最大10個の顔を検出し、前の反復よりも高速で正確です。特に、カメラを直接見ない被写体の場合は、さらに、必要に応じて赤目軽減を提供できるという利点もあります。
富士フイルムは、F80EXRに画像Fujifilm F80EXR FinePix安定化システムを組み込んでいます。デュアルISモードセットアップメニューオプションから有効にすると、システムを連続、撮影のみ、またはオフに設定できます。 F80EXRの画像安定化システムは、機械的なCCDシフトと最大ISO 6400の高感度設定の組み合わせを使用して、暗い場所での被写体のぼやけを防ぐのに十分なシャッター速度を維持するのに役立ちます。
Fujifilm F80EXR FinePixカメラは、自動撮影モードを使用する場合にのみISO速度を自動的に調整することに注意してください。他のモードでは、選択したISO速度が常に使用されるため、システムのメカニカルCCDシフト部分のみが使用されます。
フィルムシミュレーションの設定は、フィルムの時代にさかのぼります。覚えてる?ほとんどのF80EXR購入者がそうするのではないかと思いますが、それでも富士フイルムは彼らの映画の過去を参照し続けています。フィルムシミュレーションには、5つのフィルムシミュレーションオプションがあります。
おそらく、ほとんどのユーザーは、Provia、Velvia、Astiaが実際に何を意味するのかを知らないことを認識しているでしょう。フィルムシミュレーションは、EXRを含む他の撮影モードと組み合わせて使用​​することもできるため、たとえばDレンジ優先モードで白黒の画像を撮影できます。
スーパーインテリジェントフラッシュは、その名前が示すように、少し特化した、かなり豪華なFujifilm F80EXR FinePixサウンド機能です。マクロショットを撮るとき、それは本質的にフラッシュを絞り込んで、被写体が目をくらませるような白い光によって露出オーバーにならないようにします。自動撮影モードに統合されているため、実際には、露出オーバーの影響を受けない非常に効果的なクローズアップショットが生成されます。究極のシャープネスのための三脚)。
F80EXRは、Fujifilmカメラで初めて顔認識を導入します。これにより、最大8人の人物を登録でき、写真に表示されたときに名前で自動的に認識されます(同時に最大5人の登録人物が画面に表示されます)。
さらに良いことに、F80EXRは、Fujifilm F80EXR FinePixでさえ、顔認識がオンになっている場合、名前付き被写体の露出とフォーカスを優先し、友人や家族が常に注目されるようにします。さらに、登録した顔を別のカテゴリに割り当てたり、誕生日を入力したりすることもできます。
これまでデジタルFujifilm F80EXR FinePixカメラを使用したことがない場合、またはより基本的なモデルからアップグレードする場合は、始める前に包括的でわかりやすいマニュアルを読むことをお勧めします。残念ながら、富士フイルムはコストを削減し、完全なマニュアルを印刷された形式ではなく、PDFとしてCDでのみ提供することを選択しました(カメラの基本的な機能への短い印刷されたガイドがあります)。
写真を撮っていて、特定のオプションが何をするのかを知る必要がある場合は、あまり役に立ちません。 F80EXRのバッテリー寿命は少し期待外れです。カメラは付属のNP-50リチウムイオンバッテリーを使用して200ショットしか管理しないため、より長い旅行のために予備を携帯する必要があります。
Fujifilm F80EXR FinePixの起動時間は、Fujifilm Finepix F80EXRをオンにしてから写真を撮る準備ができるまでの時間は約2秒と非常に速く、最大焦点距離から最長焦点距離までズームするには約2.5秒かかります。明るい場所でのフォーカシングは非常に速く、強力なフォーカスアシストランプの助けを借りて、カメラはほとんどの時間室内または暗い場所でフォーカスを達成します。
Fujifilm F80EXR FinePixnormal撮影モードでは、画像を保存するのに0.5秒かかるため、別の写真を撮ることができない非常に短いLCDのブラックアウトが発生します。連続モードでは、カメラは最高の画質で毎秒1.6フレームを取得しますが、特に高速ではなく、フレームは3フレームに制限されています。 4 fpsで最大12フレームを撮影できるモードがありますが、解像度は3メガピクセルのみです。全体として、Fujifilm Finepix F80EXRは、操作の点でかなり高速です。
富士フイルムのFinePix F80 EXRは、昨年F200 EXRでデビューしたFujifilm F80EXR FinePixと同じ革新的なEXRセンサーテクノロジー(正確に同じセンサーではありません)を備え、F70EXRを置き換えます(ピクセル数を増やし、いくつかの重要な新機能を追加します)。
FujiのEXRセンサーは、F80EXRが3つのモードで動作できるようにする、長年にわたって確立されているBayerパターンで破壊するという点で、従来のテクノロジーとは異なります。解像度優先モードでは、カメラの1200万個のフォトダイオードすべてがFujifilm F80EXR FinePixと画像の作成に使用されますが、「D範囲優先」または「高ISOおよび低ノイズ」に切り替えると、隣接するピクセルがペアになります。
このFujifilm F80EXR FinePixは、合計解像度を6MPに落としますが、センサーの有効ダイナミックレンジが広く(DRモード)、ピクセルあたりのノイズが少ない(SNモード)。F80EXRのAFシステムは高速で信頼性が高く、AWBシステムはまれに、適切なカラーバランスが得られないことがありますが、その測光システムは、一部の条件では露出不足になる傾向が顕著で、ビデオモードの画質は素晴らしいものではありません。
Fujifilm F80EXR FinePixトリプルモードセンサーは、間違いなくF80 EXRの主要なセールスポイントです。ただし、そのインターフェースの設計が良くなく、EXRモードがより適切に実装されているのは残念です。
Fujifilm FinePix F80EXRは、スーパーCCD EXRセンサーを使用したポイントアンドシュートのグループのもう1つであり、簡単に言えば、ダイナミックレンジと低光量のパフォーマンスを向上させるように設計されています。同社の優れたF200EXRに最初に登場し、その技術はF80EXRの前身を含むいくつかのモデルで使用されています。
ただし、F200EXRの1 / 1.6インチタイプのスーパーCCD EXRは、F80EXRの1/2インチタイプよりも大きくなっています。それは違いを生むので、F200EXRのレビューを読んでいて、F80EXRからの同じ結果を期待しているFujifilm F80EXR FinePixである場合、それらは得られません。あなたが得るものは、そのストリート価格とサイズのための全体的に非常に良いコンパクトなメガズームです。ただし、確かに制限があるため、購入する前に写真の品質に関するニーズを十分に検討する必要があります。
F80EXRは魅力的であり、Fujifilm F80EXR FinePixは10倍ズームと27mm相当の広角レンズを備えたカメラとしては非常に小型です。それは非常によく構築されていると感じ、また使いやすいです。テスト中に私が持っていた唯一の問題は、1本または2本の指で頻繁にブロックしたフラッシュの位置でした。
背面の3インチLCDは明るく、Fujifilm F80EXR FinePixの晴天条件下では良好に動作しましたが、暗い場所では色ノイズが発生しました。 LCDの右上には、撮影モードダイヤルがあります。これは少し自由に動きますが、上に座っているのではなく、少なくとも体の中に沈んでいます。
カメラのメニューFujifilm F80EXR FinePixシステムは、最初は少しイライラするかもしれませんが、一度理解すれば簡単です。モードダイヤルの下には、現在のモードに固有の撮影オプションのメニューを表示するためのFモードボタンがあります。その他のすべての一般的なカメラコントロール-撮影優先度、測光、AFモード、連続オプション、および画像安定化- -メインメニューシステムの下にあり、方向パッドの中央にあるMenu / OKボタンを押してアクセスします。
このFujifilm F80EXR FinePixメインメニューシステムでは、日付、時刻、LCDの明るさ、メモリカードのフォーマットなど、セットアップ設定の2次選択もできます。方向パッドは、露出補正、フラッシュモード、タイマーオプションの変更、マクロモードのオン化、再生中の写真の削除に加えて、メニューのナビゲートに使用されます。
コントロールの下部にあるFujifilm F80EXR FinePixパネルには、画面に表示される情報を変更したり、顔検出を直接オン/オフしたりするためのボタンがあります。また、ディスプレイボタンを押し続けると、カメラがサイレントモードになり、スピーカー、フラッシュ、セルフタイマーランプがオフになります。もう一度長押しすると、すべてオンに戻ります。
Fujifilm F80EXR FinePixバッテリーとカードスロットコンパートメントは右下にあります。それを覆っているドアはロックされませんが、ドアは横に外れるのではなく前方にスライドします。これは、使用中またはバッグに緩く保管されているときに誤って開かないように思われます。バッテリー寿命はそのクラスの平均です。充電するには、バッテリーをカメラから取り外す必要があります。 Micro-USB / AVおよびMicro-HDMIポートは右側のドアの下にあります。
撮影オプションに関しては、F80EXRには多くの選択肢があります。まず、同名のEXRモードがあります。このFujifilm F80EXR FinePixは、高解像度優先度、D範囲優先度、高ISOおよび低ノイズ優先度、および自動EXRで構成されています。 Auto EXRは、使用するEXR Priorityオプションを認識するシーン認識です。
Dレンジと高ISOおよび低ノイズプライオリティモードの6メガピクセルの解像度を下げても大丈夫であるFujifilm F80EXR FinePixであれば、効果的で信頼性があります。それはそれでも最高の置き去りにされたままの1つであり続けます。
Fujifilm F80EXR FinePixカメラファームウェアをダウンロードするには、以下のリンクを入手してください

コメントを残す