Canon EOS C500 Mark II Firmware最新ドライバーをダウンロードする

Canon EOS C500 Mark IIファームウェアのダウンロード. 広角を使用して景色を一望し、
Canon EOS C500 Mark IIの最大被写界深度を絞るので、もちろん、白い壁のテストショットを除いて、光の減衰は頭を伸ばしません。明るい空や白い壁を24mm F4で大きく開いて撮影する場合にのみ、光の減衰が問題になります。

これは、Image Canon EOS C500 Mark IIなしの素晴らしいレンズです。 CPUに接続された小さなジャイロセンサーは、カメラの振れの程度と方向を検出し、補正光学グループを動かすことによってこの振動を打ち消します。その後、私の通常の手持ちのシャッタースピードよりも3段低くても、鮮明な画像を取得することは困難です。

私が自分を支えたり、ボレーショットを撃ったりしたら、もう1、2回ストップで逃げることができます。 ISは対象の動きに対して何も行いません。単に手を安定させます。ただし、ISは、強風、飛行機、自動車、ボートなど、キヤノンEOS C500 Mark IIの高振動の状況でも役立ちます。これは、一般的な写真の天の恵みです。条件が暗くなってきたときは、いつもカメラを片付けていましたが、今は撮り続けています。

これは通常のズームのキヤノンEOS C500マークIIビッグカフナです。それはよく作られ、鋭いタックです。私はこのレンズの範囲、AF速度、シャープネス、感触が大好きです。 5D Mark IIなどのより大きなボディでバランスが取れていますが、Rebelではフロントヘビーです。はい、F4の最大絞りは遅いですが、3ストップISでほぼ構成されています。小型または軽量のレンズではありませんが、画像品質、範囲、および多様性の完璧なバランスにより、これは私のお気に入りの旅行用レンズです。

このレンズは、Canon EOS C500 Mark IIのカメラで4フィートの落下を起こしたときに使用しました(推奨される使用例ではありません)。結局、新品同様の状態に戻すことになったのですが、待っている間に、本当に新しいレンズに交換したかったんです。 24-70 f2.8は私のトップライバルでしたが、より重く、ISがなく、かなりの範囲を失っています。

キヤノンEOS C500マークIIは少し軽くて短いですが、範囲のズーム終了をあきらめます。私は自分の写真に目を通し、70〜105名のキーパーが何人撮影されたかを確認しましたが、残念ながらそれは多かったです。 2、3個の素数で行くことも検討しましたが、たくさんのレンズを持ち歩くことはあまり好きではありません。私は趣味なので、カメラの持ち込みは簡単でなければなりません。通常は、すでに持っているバッグにカメラを入れるだけです。

したがって、より良いものを見つけるための私の最善の努力にもかかわらず、これは引き続き75%の時間使用するCanon EOS C500 Mark IIウォークアラウンドレンズです。これは比較的高品質で、大きすぎず、私の「通常の範囲」全体をカバーしています。 70-200 F4 L ISから出る写真は、少し重なるゾーンで一般的に好きですが、スポーツイベントなどに行かない限り、そのレンズを装着することはありません。もっと良いものがあったらいいのですが、ないので、たぶんこれを買うべきでしょう。参考までに、Canon 6Dで使用しています。

これはキヤノンEOS C500マークIIで最も人気のあるレンズの1つであり、それには正当な理由があります。超高速モータードライブ(USM)で高速フォーカス、画像安定化(IS)、キヤノン5Dで広角から中望遠までカバーする非常に用途の広い焦点範囲を備え、38mmから168mm(1.6 * 24〜= 38、 1.6 * 105 = 168)Canon 7D、Canon Rebelシリーズなどのクロップセンサー付きカメラ、およびAPS-Cセンサー付きカメラ(1.6xクロップファクター)の焦点距離。

その唯一の欠点は、f / 4開口部のCanon EOS C500 Mark IIの制限です。上側には、一定のf / 4絞りがあります(つまり、すべての焦点距離にわたってf / 4絞りの設定を維持できます)。

このCanon EOS C500 Mark IIレンズは、すべての焦点距離にわたってシャープです。 24mmと105mmのどちらの端でも、画像のシャープネスの低下に気づきませんでした。ただし、レンズはf / 8からf / 11の間で最も鋭くなります。この「スイートスポット」の外(つまり、f / 8より下またはf / 11より上)の遠くのオブジェクトのショットは、*著しく*ぼやけています。 (異なるF値で撮影した画像の比較については、製品ページにアップロードされた画像を参照してください。)

ただし、比較的近い被写体の場合、Canon EOS C500 Mark IIのFストップ全体での画質の違いはそれほど目立ちません-このレンズをポートレートショットに使用していて、ボケ味の開口部を開くことを計画している場合は、朗報です。効果。

レンズアセンブリはCanon EOS C500 Mark IIガラス(Canonの最高のレンズ用に予約済み)を使用しているため、明るい光(ほとんど目立たないかほとんど目立たない場所)でも色収差は最小限に抑えられます。より均一な照明では、このレンズは色収差の兆候をまったく示しません。

オートフォーカスは本当に素早いです。 Canon EOS C500 Mark IIのおかげで、ほんの一瞬でオブジェクトにフォーカスが移ります。 AIサーボモードでは、非常に動きの速い被写体にも焦点を合わせるために、フォーカスメカニズムが非常に反応します。ただし、すべてのレンズと同様に、オートフォーカスは必然的に(i)暗い場所や(ii)テクスチャやコントラストのない表面で少々問題があります。

手ぶれ補正は素晴らしいです。私の本では、手ぶれ補正は、レンズがCanon EOS C500 Mark IIレンズと呼ばれるために不可欠です。三脚をお持ちでない場合は、このレンズのISが、特に105mm端でのショットの安定に非常に役立ちます。 (それはまた、経験則に留意するのに役立ちます:シャッター速度は少なくとも焦点距離の逆数と同じくらい速くあるべきです。)

Canon EOS C500 Mark II Internal Focusは、特に円偏光子(偏光フィルターとも呼ばれます)を使用する風景写真家にとって大きな利点です。内部フォーカスを使用すると、偏光子が取り付けられているバレルが回転せず、フィルターが調整から外れることがないため、被写体に焦点が合った後にフィルターを再調整する必要がなくなります。

このレンズは単に品質をにじませます。キヤノンEOS C500マークIIにはそれなりの重さがありますが、重すぎません。ズームリングとフォーカスリングの両方が非常に滑らかに回転します。ズームリングは、ズームクリープを防止するのに十分なほどきつい。

キヤノンEOS C500マークIIは一定のf / 2.8口径を持っていますが、悲しいことに、画像安定化がありません。画像安定化の欠如は間違いなく、私を含むほとんどの人々にとって取引のブレーカーです。

Canon EOS C500 Mark IIも同様に人気のあるレンズです。 (注:EFマウントではなくEF-Sがあるため、5Dとは互換性がありません。7D、Rebelシリーズ、および作物センサーを備えた他のCanon DSLRなど、他のすべてのボディと互換性があります。)

1.6倍のクロップファクターを考慮に入れて、このレンズの焦点距離は27〜88 mmです。画質に関しては、Canon EOS C500 Mark IIは24-105mmと同等です。また、超低分散ガラスを使用しています。唯一の欠点は、耐候性がないことです(これは私には関係ありません)。 「リーチ」を省略してもかまわない場合は、17-55mm f / 2.8をお勧めします。これは、購入できる最高の低照度レンズの1つです。私はそれを横向きと縦向きに使用し、私のお気に入りのウォークアラウンドレンズです。

このレンズのキヤノンEOS C500マークII品質は一流であり、間違いなくお金の価値があります。シャープネスを損なうことなく、非常に便利な24-105mmの焦点範囲を提供します。唯一の制限はf / 4絞りです。これがあなたにとって心配でないなら、このレンズは間違いなく検討する価値があります。

このCanon EOS C500 Mark IIレンズにはすでに素晴らしいレビューがたくさんあるので、私はそれを2つの簡単なパラグラフで最高と最低のポイントに要約しようと思います。

このCanon EOS C500 Mark IIレンズは、デジタル一眼レフでのビデオ撮影に優れています。手ブレ補正、広角、望遠が得られます。それはあなたが高画質のオールインワンのビデオ撮影レンズを得ることができるのと同じくらい近いです。

これがすばらしい理由は、Canon EOS C500 Mark IIビデオ撮影では、大きな開口部は必要ないことが多いため、これが優れたビデオを取得するための最も費用対効果の高い方法だからです。静止画撮影にも非常に適していますが、多くの場合、静止画撮影には24-70を検討することをお勧めします。それがビデオ撮影で最高の取引になると、このレンズはそれです。

このレンズは、絞りがf / 4にしか進まないスチル写真では不利です。一部の人々はまた、24-105のコピーは、Canon EOS C500 Mark IIほど色、コントラスト、またはシャープネスが良くないと指摘しますが、ほとんどの場合、f / 8付近の開口部では、同じ。 24-70は少し優れていますが、購入を決定するのに十分ではありません。

私の圧倒的なキヤノンEOS C500マークIIビデオ撮影。写真撮影にも最適なレンズですが、絞りに関してお客様のニーズが満たされることを保証するために、他のレンズを検討する必要があります。

キヤノンEOS C500マークIIすべての範囲、ちなみに大きな範囲、画像安定化、非常に多用途、軽量、シャープ、高速。信じられませんでした。フルフレームのCanon 6Dで数枚の写真をAv Aperture Priorityモード、f16で撮影したところ、カメラは自動的にISO 12,800を選択しました。はいISO12800。写真は幻想的で、ノイズはほとんど存在せず、信じられないほどです。カメラは低照度の傑作ですが、このレンズは透明度の宝です。

私はこのレンズをキヤノンEOS C500マークIIについて購入しました。ズームレンズの場合、それは優れた色で非常にシャープな写真を提供します。最適ではない光の状況でオートフォーカスを使用すると、少し遅くなります。手振れ補正はとても良いです。

私は静止画とビデオの両方にレンズを使用しており、非常に満足しています。私のキヤノンEOS C500マークIIはビデオのオートフォーカスを可能にし、ズームインまたはズームアウトするときに優れた機能でした(その機能を備えていないRebel 2Tiを使用する前)。外部指向性マイクを使用しているので、ISノイズやオートフォーカスノイズは録音されません。

Canon EOS C500 Mark IIファームウェアをダウンロードするには、以下のリンクを入手してください
動作環境 :

ファームウエアのアップデートを行うには以下の機材が必要です。

  1. ファームウエアのアップデート対象となる EOS C500 Mark II 本体
  2. パソコン(OS : macOS 10.7 – 10.15)
  3. 512MB 以上のSD/ SDHC/ SDXCメモリーカード(市販品)
  4. SDカードリーダーライター(市販品)、またはパソコンに搭載のSDカードスロット
  5. フル充電した本体付属のバッテリーパック
  6. 外部電源アダプター(市販品) :DC IN 12V(11.5V ~ 20V) XLR 4ピンコネクター
  7. ファームウエア(ダウンロードしたファイル)
動作環境 :

ファームウエアの変更を行うには以下の機材が必要です。

  1. ファームウエアのアップデート対象となるEOS C700 FF / EOS C700 FF PL 本体
  2. パソコン(搭載 OS : Windows 10, Windows 8.1 , Windows 8 , Windows 7 SP1)
  3. 128MB以上のSD / SDHC / SDXCメモリーカード(市販品)
  4. SDカードリーダーライター(市販品)、またはパソコンに搭載のSDカードスロット
  5. フル充電したVマウントタイプのバッテリー(市販品) :DC 14.8V (12V ~ 20V)
  6. 外部電源アダプター(市販品) : DC IN 12V (11.5V ~ 20V) XLR 4ピンコネクター
  7. ファームウエア(ダウンロードしたファイルです)
動作環境 :

ファームウエアの変更を行うには以下の機材が必要です。

  1. ファームウエアのアップデート対象となるEOS C700 FF / EOS C700 FF PL 本体
  2. パソコン(搭載 OS : Windows 10, Windows 8.1 , Windows 8 , Windows 7 SP1)
  3. 128MB以上のSD / SDHC / SDXCメモリーカード(市販品)
  4. SDカードリーダーライター(市販品)、またはパソコンに搭載のSDカードスロット
  5. フル充電したVマウントタイプのバッテリー(市販品) :DC 14.8V (12V ~ 20V)
  6. 外部電源アダプター(市販品) : DC IN 12V (11.5V ~ 20V) XLR 4ピンコネクター
  7. ファームウエア(ダウンロードしたファイルです)

Leave a Reply